早めに対策を始めよう

身体はなまるもの

シニア男性

加齢が影響して身体がなまってしまうことは、ある意味当たり前といえます。年をとるごとに細胞の生まれ変わりは衰えてくるため、赤ん坊と20代の人では体調に変化があるのは当たり前です。そのため、精力に関しても諦めが必要ともいえます。

不妊に繋がることがある

精子

大阪でも不妊に悩んでいる人は多いです。そのため、この問題は無視できません。身体がなまるのは仕方がないと諦める前に、漢方の服用などで対策できます。精子の老化は35歳から始まるといわれているので、身体に必要な栄養を摂取するようにしたいものです。

身体の改善に効果的

漢方の中で精力の増強に役立つものといえば、冠元顆粒です。抗酸化作用があるといわれていて、身体に増えすぎた活性酸素を抑制する力がじあります。精力の減退は漢方の世界では腎の機能低下が原因なので、海精宝も効果があるといわれています。

体力が衰えが原因

多くの人が体力の衰えによって様々な不調を経験しています。男性不妊になってそれが解決できないと家庭生活に支障が出ますし、そうでなくても精神的なダメージとなってしまいますので、できるだけ漢方などで解決をはかることが大切です。

漢方治療の体験談

実は自分に原因があった

夫婦で不妊治療に取り組んできましたが、私の場合は最初妻に任せっきりでした。病院で検査をしてみると実は自分に不妊の原因があるということがわかったので、思い込みは恐ろしいと感じたものです。漢方で改善をした今は子宝に恵まれています。

互いに協力することが大事

妻に精液検査を頼まれたときはびっくりしました。日々体調が良くないとは感じていましたが、不妊の原因が自分にあるとは思っていませんでした。男性は女性からアドバイスを受けるのが苦手ですが、夫婦生活のことはお互いの理解が大切だと感じました。

解決できる方法はある

自分一人で悩むのではなく、色んな情報を集めて、それを整理することが大事です。情報を集めることで安心することができますし、精力減退や男性コンプレックスの解決に役立てることが可能となります。専門家やインターネットの情報を参考にしましょう。

漢方治療への疑問

精子の質は下がるのですか

細胞の活動が加齢によって低下するのと同じく、精子の質も加齢によって下がります。精巣は精子を作る、いわば工場のようなものなのですが、これが酸化することによって細胞が破壊され、工場の働きが衰えてしまうのです。

生活習慣が原因でしょうか

年を取ったからといって、精子の質が下がるわけではありません。ヘビースモーカーの人やストレスが蓄積された生活を送り続けている人も精子の質を下げてしまう恐れがあるのです。他にも高脂質中心の生活をしていると、酸化が進んでしまうので注意しましょう。