男性特有の悩みを解消

男性コンプレックスの代表的な症状

カウンセリング

男性のコンプレックスというと、発毛の悩みと下半身に関する悩みでしょう。精力が減退してしまうと、子づくりに励もうとしている人にとっては大変なダメージになると同時に、男性にとっての自信が失われるということにもなりかねません。

精力減退の原因

精力が減退してしまう理由として、加齢がまず挙げられます。その次に、慢性疾患です。病気にかかってしまうことで、本来の体力が失われてしまうのです。そうなったときには慢性疾患の治療が優先されますので、あまり気に病まずに一つずつ解決しましょう。

男性が積極的に働きかける

悩む男性

自分で精力の改善を行なうための方法もあります。運動不足の人は積極的に運動をするようにしましょう。このとき、激しい運動をする必要はありません。早寝早起きといった簡単なことから始めることが大切です。しかし、こういったことに気をつけている人に陥りがちな反応なのですが、「生活習慣をしっかり整えているのだから、自分に不妊の原因があるわけはない」と考えてしまうことです。そのような態度を続けてしまうと、家庭生活に溝が入りかねません。客観的な判断をするためにも、漢方医を頼ったり、病院で精密な検査を受けるようにしましょう。大阪には男性不妊専門のクリニックも増えてきていますので、活用できます。病院は大阪の産婦人科でも検査をしていることがありますが、男性にとっては妊婦が集まるところで検査をするのはなかなか恥ずかしいものです。男性専門のクリニックだと通いやすいといえるでしょう。大阪の漢方医のところには、基本的にいろんな病気を治療するために通院する人がいます。相談は一人ずつ行ないますので、診療まで待っているときにも周囲の目を気にする必要はないということで、様々な人が利用しています。

不妊の割合

漢方薬

男性が積極的に漢方を使って治療することには、劇的な効果があります。世界的な保健機関が調査したところによると、男性のみに不妊の原因があるのは全体の内四分の一という結果が出ているため、無視できる数字ではありません。

精神も改善できる

EDの原因としては、心因的な原因も挙げられます。漢方での治療を望む際、漢方医はこの人がどういった体質をしているのか、精神的なものが原因かを問診などで調べていきます。ストレスを解消するためには、柴胡が使われることが多いです。

気軽に服用できる

漢方は病院に通院するよりも気軽に利用できるのが魅力的です。漢方はその人の体質や悩みによって処方されるので、男性不妊においても多くの薬が使われています。その内容を知ることで、より体調改善に役立てることができるのです。

男性不妊に役立つ漢方薬

漢方

附子と山薬

なんだか下半身が疲れて、夜の営みをするのもだるいという人は、下半身の活性化によく使われている薬を利用すると良いでしょう。附子と山薬は腰下肢にだるさが残ってしまう人に最適な薬です。附子は代謝機能を活発化してくれます。

人参と大棗

栄養が十分に摂れないと、精力に必要な原料が摂取できないことになってしまいます。漢方に使われている人参や大棗を利用することで、食欲不振も治るでしょう。人参は慢性胃腸炎にも効果があり、女性が産後に飲むと衰弱が改善します。

牡蛎や桂皮

栄養不足や運動不足は身体の異常ですが、精神的なストレスも性欲減退に影響を与えてしまいます。桂皮や牡蛎はストレス解消に役立つ漢方として有名です。桂皮には身体の中の停滞している気を発散させてくれる効能があります。

東洋医学の考え方

民間医療の中には、整体や東洋医学である漢方のように、広く利用されているものがたくさんあります。漢方の考え方は西洋医学とは少し違いがありますが、今では漢方を処方する病院もたくさんあり、効果を実感している人も多いです。

漢方における治療の流れ

4つの診察から総合判断

漢方治療で行なわれる診察には4つのものがあります。望診、聞診から始まり、問診と切診があります。それらを組み合わせて判断することが大事なのです。望診では第一印象が判断されます。このときに観察されるのは顔色です。

どこに異常があるか判断

4つの診をすることによって、どこに問題があるのかを判断します。そのため前段階の診はとても重要であり、じっくりと時間をかけて行なわれます。証自体の時間は短いですが、診は30分以上はかかるでしょう。細かい判定を聞くことも可能です。

反応を観察する

基本的には診によって正しい判断をするので、「漢方を飲み続けてみてしか判断できない」ということにはなりにくいです。あまり反応が良くないというのであれば、すぐに薬は変えられるでしょう。反応をみるためには通院が必要になります。

協力して治療を行なう

不妊に悩んでいる人は多くいます。男性は自分からはあまり治療のきっかけを作らないと言われているので、この問題は女性も理解しておくことが大切になってきます。他の人の体験談が役に立つので口コミを利用しましょう。

漢方治療の体験談

夫のことを相談しました

女性もそうですが、男性にとって自分に不妊の原因があるといわれるのはショックなことです。夫の精子の運動率を調べると不妊の原因であることが分かったので、説得して漢方治療をしています。すぐに改善がみられたので、治療への意欲が向上しています。

アレルギー体質も改善!

性欲減退が原因で、家庭生活がうまくいっていなかったとき、漢方の受診を勧められました。アレルギーがあったこともあり、それが改善するのも良いなと考えて受診したのですが、結果的に不妊もアレルギーも良い方向に向かっています。

柴胡加竜骨牡蛎湯が効いた

漢方医を受診したところ、精神的なストレスが性欲減退の原因であると診断を受けました。確かに妻とよく喧嘩するのはセックスレスに加えイライラも関係していると感じました。柴胡加竜骨牡蛎湯を飲むことで、仕事のストレスもうまく解消できています。

不妊治療や漢方

自分の身体のことは自分が一番よく知らないものです。身体のことを知っている漢方医に聞けば、様々な問題が解決するので、一人で抱え込んで悩まずに、相談することが大切です。夫婦で受診するケースも多くみられます。

漢方治療への疑問

不妊を未然に防げますか

漢方には未病という考え方があります。病気として大きな症状が現れていなくても、病気の前兆があるというものです。その未病の状態から体質を改善していくことで、治療を早めに行なうことができます。身体の衰えを感じたらすぐに改善しましょう。

病院を探す方法はある?

自分に合った漢方はすぐに効果が現れます。それを処方してくれる漢方医は大阪を始め全国にいます。病院で処方していることもありますので、かかりつけの医師に相談しましょう。専門医として看板を掲げているところだと信頼も厚いです。

受診で気をつけることは?

漢方医の診断を受ける際には、望診といって顔色をみることがあります。そのためできれば爪や顔色が分かりやすいように何もしない方が良いです。男性であれば、口内を清潔にしようとして、舌までブラッシングしない方が良いといわれています。

35歳以降の対策

若い人は精力減退についてあまり気にする人はいないのですが、問題が起こってから対処するのは問題解決までに長い時間がかかる可能性があります。一説によると35歳から精子の質が低下していくというので、早めに対策をうつことが大切になってくるでしょう。

READ MORE

東洋医学の代表格

不妊治療といえば泌尿器科や産婦人科という考えが一般的です。しかし、それ以外にも東洋医学では漢方を使うという考え方もあります。この昔ながらの民間医療を使って、問題が解決したという人も多いため、一度大阪の専門医に相談してみましょう。

READ MORE